【大学野球】明星大の152キロ右腕・権田が7安打完封で1部復帰に逆王手 首都大学1、2部入れ替え戦

武蔵大を7安打で完封した明星大のプロ注目右腕・権田
武蔵大を7安打で完封した明星大のプロ注目右腕・権田

◆首都大学野球春季リーグ1、2部入れ替え戦2回戦 ▽明星大7―0武蔵大(30日・サーティーフォー相模原)

 首都大学リーグの1、2部入れ替え戦は、2部優勝の明星大の152キロ右腕・権田琉成(4年=上田西)が武蔵大を相手に7安打完封。1勝1敗の五分に戻し、17年秋以来の1部復帰に王手をかけた。

 全国的にはまったく知られていない無印右腕が、後がない一戦で最高の投球を見せた。権田は柔らかい腕を振りから伸びのある直球とキレ味鋭い変化球を制球よく投げ込んだ。「1、2回は緊張したけど、3回以降はリラックスして自分のピッチングができました」。2回までに6点の大量援護もあり、すいすいとゼロを9つ並べた。

 直球はこの日、最速147キロを計測。カットボール、スライダー、スプリットを駆使し、武蔵大打線に7安打されながらも、あと1本を許さなかった。3四球を与えたが、変化球でカウントが取れていて危なげがなかった。権田は「きょうはカットボールと真っすぐがよかったです」と胸を張った。

 長野・上田西高時代は、1年夏にチームが甲子園出場もベンチ外。それどころか、右肘の故障もあって3年間、エースナンバーをつけたことがなかった。最後の夏も背番号11。明星大進学後もリリーフでの登板が主で、先発転向は今季から。それでもいきなり4勝を挙げ、2部優勝に貢献。最高殊勲選手にも選ばれた。隠れた逸材のウワサはNPBのスカウトにも徐々に広がり、この日は巨人、ソフトバンクなど5球団が視察に訪れた。

 巨人・内田スカウトは「腕の振りが柔らかく、カットボール、スライダーもいい」と評価すれば、楽天・部坂スカウトも「コントロールもいいし、変化球も巧みに投げ分けている。もっと体ができてきて、強さが出てくれば楽しみ」。181センチ、82キロの右腕に高い将来性を感じ取っていた。

 権田は「プロには行きたいですけど、まだ実力が足りない。社会人で2年やってからでも遅くはないと思います」と控えめだったが、初視察だったというソフトバンク・宮田スカウトは「こんなにいいとは思わなかった。十分、ドラフト候補に入ってくる」。今秋のドラフト戦線に浮上している可能性は十分にありそうだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請