第97回箱根駅伝は2021年1月2、3日に開催され、駒沢大学が13年ぶり7度目の総合優勝を果たしました。スポーツ報知の箱根駅伝特集では、引き続き1年を通じて“箱根ランナー”の動向を取材。2022年の第98回大会へ続く「箱根への道」を追い続けます。

  • 箱根駅伝4位・青学大の岸本大紀が約1年ぶりの対外レース出場

     東海大長距離競技会が24日、神奈川・平塚市のShonan BMWスタジアム平塚で行われ、第97回箱根駅伝(2、3日)を股関節痛の故障から復帰途上だったため欠場した青学大の岸本大紀(2年)が1万メートルに出場し、29分27秒18で12着になった。箱根駅伝3区で区間賞を獲得した東海大の石原翔太郎(1年)が28分44秒05でトップだった。続きを読む…

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請