蓮舫氏、菅首相長男らへの参考人招致は「行政監視の国会の役割」

蓮舫氏
蓮舫氏

 立憲民主党の蓮舫参院議員(53)が5日、自身のツイッターを更新した。

 この日、菅義偉首相(72)の長男が勤める放送関連会社「東北新社」から総務省幹部らが繰り返し接待を受けていた問題をめぐり、野党側が長男をはじめとする同社関係者の参考人としての出席を要求。しかし、参院予算委員会の与党筆頭理事で自民党の青木一彦氏が「民間人であり、(参考人としての出席は)抑制的であるべきだ。同意できない」として応じなかったという記事を貼り付けた蓮舫氏。

 「民間人の出席を『抑制的』と言う自民党」と書き始めると、「闇雲に民間人に国会参考人招致を求めているのではありません。国家公務員倫理規定違反の案件に対し、関係者からも話を伺いたい、それが行政監視の国会の役割でもあると考えるのです」と問題提起。

 さらに「籠池氏を始め、過去にも民間から参考人として国会に来てもらっています」と森友学園事件で学校法人・森友学園の前理事長・籠池泰典が参考人招致された例を挙げていた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請