アーカイブ

第68回東京箱根間往復大学駅伝最終日。山梨学院大が優勝し、ゴールで待ち構えていた仲間達がアンカー・野溝幸弘(中央)を胴上げして大喜び。山梨学院大は戦後最短のわずか6回の出場回数で総合優勝を飾った。東京・千代田区の読売新聞社前で。1992年1月3日
第68回東京箱根間往復大学駅伝最終日。山梨学院大が優勝し、ゴールで待ち構えていた仲間達がアンカー・野溝幸弘(中央)を胴上げして大喜び。山梨学院大は戦後最短のわずか6回の出場回数で総合優勝を飾った。東京・千代田区の読売新聞社前で。1992年1月3日
86/105

箱根駅伝

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×