出場21チーム 選手名鑑
山梨学院大学  2年連続35回目  前回19位
区間選手学年出身校1万メートル公認記録
★は5000
1区 木山 達哉 3年 尽誠学園 28分43秒31
2区 ポール オニエゴ 4年 モゴンガ 27分51秒59
3区 高田 尚暉 1年 花輪 29分41秒90
4区 伊東 大暉 3年 鹿児島実業 28分42秒54
5区 成毛 志優 4年 富里 29分24秒05
6区 矢島 洸一 4年 山梨学院 29分58秒55
7区 川口 航士郎 4年 東海大山形 29分12秒23
8区 橘田 大河 3年 山梨学院 29分18秒22
9区 石部 夏希 3年 相洋 29分22秒27
10区 篠原 楓 3年 新居浜東 29分26秒37
補欠 松倉 唯斗(主将) 4年 仙台大明成 28分46秒35
補欠 坪井 海門 4年 仙台大明成 28分50秒46
補欠 岩谷 翼 3年 学法石川 29分35秒44
補欠 北村 惇生 2年 世羅 29分24秒38
補欠 新本 駿 2年 報徳学園 29分17秒59
補欠 高木 翔瑛 2年 熊本工業 29分34秒38
チーム紹介
  •  1985年、強化指定クラブとして本格始動。箱根駅伝は87年に初出場し、優勝3回(92、94、95年)。平成全大会出場は日体大、駒大、早大と4校だけ。出雲駅伝は優勝6回、全日本大学駅伝は2位が10度で優勝なし。タスキの色はC2Cブルー。駅伝部員は76人。初めて留学生を起用し、87年に来日したオツオリら留学生がチームの中心に。主なOBに北京五輪男子マラソン日本代表・大崎悟史(現コーチ)、尾方剛、18年アジア大会男子マラソン優勝の井上大仁(三菱重工)ら。
駅伝監督
  • 山梨学院大学・飯島 理彰  ◆飯島 理彰(いいじま・まさあき)駅伝監督
     1971年9月13日、横浜市生まれ。50歳。万騎が原中1年から陸上を始め、3年時に全中、荏田高2年時には全国総体に出場。山梨学院大では4年連続で箱根を走り、2年時の92年に初優勝、94年は主将として2度目の優勝に貢献。ダイエー、富士通を経て、2000年から山梨学院大コーチ。19年に新設の駅伝監督に就任。

 

箱根駅伝

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請