元白鵬の宮城野親方が血液運搬車「白鵬号3号」を寄贈 「白鵬杯」開催の両国国技館で式典参加

スポーツ報知
献血運搬車白鵬号3を贈呈する宮城野親方 (カメラ・佐々木 清勝)

 大相撲の元横綱・白鵬の宮城野親方が主催する子ども相撲大会「白鵬杯」の第14回大会が12日、東京・両国国技館で開催された。敷地内では宮城野親方が、日本赤十字社を通じ血液運搬車「白鵬号3号」を寄贈した。

 元横綱・大鵬の納谷幸喜さんが生前に「大鵬号」を寄贈する支援活動を行っており、それを引き継いだもの。宮城野親方は「角界の父である大鵬さんが、毎年、赤十字社との交流とともに送っておりました。相撲の力で日本を元気にできたらと思っています。血液運搬車を必要としているところで活躍してくれればと思います」などとコメントした。

スポーツ

×