メッシがパリ五輪OA枠に急浮上 アルゼンチン五輪世代を率いるマスチェラーノ監督が「彼次第だ」と注目発言

スポーツ報知
メッシ

 サッカー男子のパリ五輪南米予選が11日、行われ、ブラジルを1―0で下したアルゼンチンの本大会出場が決まった。本戦出場枠「2」という厳しいレギュレーションの中、東京五輪金メダルのブラジルは予選敗退となった。

*  *  *

 米MLSマイアミに所属するアルゼンチン代表FWメッシが、パリ五輪にオーバーエージ(OA)枠として選出される可能性が浮上した。

 U―23アルゼンチン代表を率いるのは、現役時代にバルセロナでメッシとともに数々のタイトルを獲得したマスチェラーノ氏。五輪出場決定後、地元メディアの取材に「レオ(メッシ)と自分の関係は知ってもらえているでしょう。彼は(五輪出場決定を)祝福してくれた。メンバー入りの扉は開かれている。彼次第だ」と語り、OA枠での選出に含みを持たせた。2人は金メダルを獲得した08年北京五輪でもチームメートだった。

 五輪の男子サッカーは原則23歳以下の出場となるが、OA枠が各国3人まで認められている。21年の東京五輪ではDFダニエルアウベスらをOA枠として招集したブラジルが金メダルを獲得。日本もDF吉田麻也、酒井宏樹、遠藤航の3人を選出した。パリ五輪では、開催国枠で出場する地元フランスのFWエムバペがOA枠での参加を熱望していると伝えられている。

サッカー

×