【競輪】浅井康太「(場内の声援が)聞こえてきた。ありがたい」 決勝は新山と連係へ…G1岐阜・全日本選抜きょう12日決勝

スポーツ報知
声援に応えて決勝進出を決めた浅井康太

◆令和6年能登半島地震復興支援競輪「第39回読売新聞社杯 全日本選抜競輪」・G1(岐阜・12日・最終日)

 浅井康太(39)=三重・90期=が12日、「決勝」12Rに出場する。
 中部の主砲が声援に応えて決勝進出を決めた。11日「準決勝」11R。周回中はスタンドから“浅井コール”が飛び交う。「聞こえてきた。ありがたい」。残り1周では最後方も「深谷君を信じて」と直線勝負へ。「外を行けば3着…と思ったけど1着狙いに切り替えて内へ」と狭い車間を切り裂いた。ファイナルは「ラインがあった方がやりやすいと声をかけてくれた」新山とのサプライズ連係を決断。「お客様には命の次に大切なお金をかけてもらっている。自分は命よりも着を狙ってしっかり走りたい」とタイトル奪還へ最後も気迫の攻めに出る。

ギャンブル

×