青柳優馬、「THE 日テレプロレス」で王道スタイルをアピール「これが全日本プロレスじゃぁ!」…2・9後楽園

スポーツ報知
バックステージで絶叫した青柳優馬

◆プロレス「プロレス中継 70年史 THE 日テレプロレス」(9日、後楽園ホール)

 日本テレビは9日、後楽園ホールでプロレス中継70周年を記念したプロレス大会「プロレス中継 70年史 THE 日テレプロレス」を開催した。

 1954年2月19日に蔵前国技館で行われた力道山、木村政彦対シャープ兄弟の一戦を同局が生中継してからスタートしたプロレス中継70周年を記念した今回の大会は、日テレのプロレス中継にゆかりのある全日本プロレス、プロレスリング・ノアからトップ選手が参戦した。さらに、場内スクリーンで歴代の名勝負の数々をアーカイブで振り返るプロレスの「現在・過去・未来」を味わうかつてないハイブリッドなイベントとなった。

 第3試合前に日本テレビが中継したライバルの歴史をVTRで紹介した。力道山対木村政彦、ジャイアント馬場対アブドーラ・ザ・ブッチャー、ジャンボ鶴田対天龍源一郎、スタン・ハンセン対ブルーザ・ブロディのタッグ対決、三沢光晴対川田利明、三沢対小橋建太、三沢対武藤敬司のタッグ対決などがスクリーンで流れた。

 これを受けた第3試合で全日本プロレス提供試合として宮原健斗、本田竜輝、田村男児と青柳優馬、青柳亮生、ライジングHAYATOが対戦。めまぐるしく攻防が入れ替わる熱戦は、青柳優真がジャパニーズレッグロールクラッチで本田をフォールした。バックステージで青柳は「勝ったぁ~!これが全日本プロレスじゃぁ!」と絶叫しホールを去った。

 今大会は、地上波で2月19日午前1時50分から放送される(関東ローカル)。

格闘技

×