一部公演中止の「ジョジョ―」ミュージカル、製作の東宝演劇が宿泊費、交通費も負担…初日2日前発表で物議

帝国劇場
帝国劇場

 ミュージカル「ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド」(東京・帝国劇場)を製作する東宝演劇は6日、公式ホームページに「お詫びとお知らせ」とする文書を掲載。中止された公演初日予定の6日から8日まで計4公演のチケット購入者に対し、チケット代金を払い戻すだけでなく、中止発表以前に手配済の交通費と宿泊費のキャンセル料、キャンセルできなかった場合は交通費と1公演日につき1泊分の宿泊費を支払うと発表した。「お支払いされた金額の領収書等および中止公演回のチケットをお手元に保管頂きたくお願い申し上げます」と呼びかけている。

 東宝演劇は初日公演2日前の4日、「万全の状態で公演をお届けすることが難しいため」として計4公演の中止を発表。シリーズ累計1億2000万部を誇り世界的人気のある荒木飛呂彦氏の漫画が原作なだけに、漫画、ミュージカル、出演者それぞれの立場のファンから悲痛な声が上がり、X(旧ツイッター)で「#準備不足」がトレンドワード入りした。

 同文書で中止の経緯を改めて説明。複雑な演出プランに対応するための確認作業が想定以上に必要で稽古の進行が遅れ、帝国劇場での稽古開始後も「さらなる修正・見直し等が発生するなどしたことから、進行の遅れを挽回することができず」中止の判断に至ったという。「かかる事態は、全くもってあってはならないことであり、弊社ではその責任を重く受け止めております」としている。

【掲載されたお詫びとお知らせ】

 平素より東宝演劇に格別のご愛顧を賜りまして誠にありがとうございます。

 2月4日に、弊社ホームページ及びX(旧ツイッター)において急ぎお知らせ致しましたとおり、ミュージカル「ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド」につきましては、2月6日から8日までの合計4公演を中止させていただきました。この度の公演中止は私ども東宝株式会社の本公演製作における見通しの甘さ、製作体制の不行き届きが招いた結果でございます。ご観劇を楽しみにされていたお客様をはじめすべての関係者の皆様に心より深くお詫び申し上げます。

 また、公演中止のご案内が公演日の直前となった結果、お客様に多大なご迷惑をおかけ致しましたこと、公演中止に関する当初のご説明に至らない点があり、多くのお客様にご心配、ご迷惑をおかけ致しましたことにつきましても、重ねてお詫び申し上げます。

 改めまして、今回の中止に至った経緯と、中止になった公演のチケットをご購入いただいていたお客様への対応についてご説明申し上げます。

 本作品については、弊社製作体制のもと、その複雑な演出プランに対応するための確認作業が想定以上に必要となったことなどから、稽古の進行が予定より遅れておりました。帝国劇場における舞台上での稽古開始後も、ぎりぎりまで、予定通りの初日に向けて一同で力を尽くして参りましたが、さらなる修正・見直し等が発生するなどしたことから、進行の遅れを挽回することができず、協議を重ねた結果、スタッフ・キャストの安全確保の観点からも、初日を延期し、上記4公演を中止せざるを得ないという判断に至りました。

 かかる事態は、全くもってあってはならないことであり、弊社ではその責任を重く受け止めております。

 弊社といたしましては、中止となった上記4公演のチケットをご購入いただいていたお客様に対しましては、チケット代金の払戻しのほか、ご購入時のチケット販売手数料およびシステム利用料、公演中止発表以前にご手配済の交通費および宿泊費のキャンセル料、またはキャンセルが叶わなかったお客様は上記交通費および1公演日につき1泊分の宿泊費を、弊社で負担をさせていただきます。お支払いされた金額の領収書等および中止公演回のチケットをお手元に保管頂きたくお願い申し上げます。

 今後の公演およびチケット代金の払戻し等の詳細につきましてはX(旧Twitter)アカウントおよび東宝演劇ホームページにて2月8日16時までに改めてお知らせ申し上げます。

芸能

×