立大前監督の上野裕一郎 ひらまつ病院所属でデビュー…11日の唐津10マイルロードレースで

スポーツ報知
ひらまつ病院所属選手としてデビューする上野裕一郎

 唐津10マイルロードレース(2月11日、佐賀・唐津市陸上競技場発着)の主催者は1日、出場登録選手を発表し、実業団の佐賀・小城市に拠点を置く実業団のひらまつ病院に選手として加入した上野裕一郎(38)がエントリーした。上野は、昨年10月14日の第100回箱根駅伝予選会直前の同11日に立大の監督を解任され、1月15日にひらまつ病院に選手として加入することが発表された。出場すれば「ひらまつ病院・上野裕一郎」のデビュー戦となる。

 中大やエスビー食品などで活躍した上野は2018年に立大の監督に就任。選手と一緒に走る独自の指導スタイルで立大を強化。22年の第99回箱根駅伝予選会で6位通過し、大会史上最長ブランクの55年ぶりの復活出場に導いた(本戦18位)。第100回箱根駅伝で、さらなる躍進を目指して学生を指導していたが、自身の不祥事で解任された。

 その後、上野はほとんど外出せずに反省と謹慎の日々を送っていたが、一選手として再起を決断した。上野を受け入れた、ひらまつ病院は近年急成長中。昨年11月の九州実業団駅伝で7位となり、3年ぶりに全日本実業団駅伝(ニューイヤー駅伝、1月1日)の出場権を獲得。チーム史上最高の24位になった。

 今回、64回目を迎える伝統の唐津10マイルには、プロランナーの川内優輝(36)=あいおいニッセイ同和損保=、東京五輪男子マラソン代表の中村匠吾(31)=富士通=ら好選手も参戦する。ひらまつ病院の地元の佐賀県のレースをデビュー戦に選んだ上野の再起と覚悟の走りが期待される。

 ◆上野 裕一郎(うえの・ゆういちろう)1985年7月29日、長野・佐久市生まれ。38歳。佐久長聖高入学後、陸上を始め、3年時に1万メートル28分27秒39の日本高校記録(当時)をマーク。2004年、中大に入学。箱根駅伝は1年1区19位、2年3区3位、3年3区1位、4年3区2位。2008年に卒業し、エスビー食品に入社。2009年ベルリン世界陸上5000メートル出場(予選敗退)。2013年、エスビー食品の廃部に伴い、DeNAに移籍。2018年12月に立大監督に就任。昨年10月に解任された。181センチ、61キロ。

 ◆ひらまつ病院 佐賀・小城市の総合病院。1983年に創立された。地域に元気を与えることを目的として、陸上部、野球部、バスケットボール部、柔道部、ソフトボール部のアスリートチームがある。陸上部は2018年に全日本実業団駅伝に初出場した。昨年、1万メートル27分44秒74の自己ベストを持つ荻久保寛也(26)、同28分0秒72の栃木渡(28)ら好選手が加入した。

スポーツ

×