釣り[小野瀬みらい・みらい探検隊]小坪港・太郎丸で初笑い

スポーツ報知
40センチ級のクロムツを釣り上げ笑顔のみらいちゃん(太郎丸で)

 釣りガールの小野瀬みらいが、東京湾口・城ケ島沖で深場五目釣りに挑んだ。昨年1月にもキンメを狙ったが、釣れなかった。リベンジを誓って逗子・小坪港の報知指定・太郎丸へ。深場釣りは3回目とあって仕掛けの投入から取り込みまで慣れた手つきで行えたが、今回もキンメにはフラれた。しかし、高級魚のクロムツが次々に釣れて「大満足です」と、みらいちゃんは笑顔を見せた。

◆1投目で40センチ

 今回は昨年のリベンジ、キンメダイ釣りに行ってきました! 気合十分で昨年と同じく太郎丸へ。ところが、港に着いて高橋良至船長から話を聞くと「最近はあまり釣れていないんだよ」とのこと。ということで結論から申し上げます。今回もキンメダイは1尾も釣れませんでした。でも、ガッカリしていません。なんたって、あの高級魚がたくさん釣れたんですから!

 小坪港を出て50分ほどで城ケ島沖に到着。あれ? 沖ノ瀬に行くんじゃなかったの? 「沖ノ瀬は潮の流れが速いので釣りができない」と高橋船長。ならば、ここでキンメを釣ってやる。水深は260メートル。沖ノ瀬で釣った時は水深400メートルなので、かなりの“浅場”です。高橋船長の合図で船首の釣り人から順に仕掛けを投入していきます。深場釣りは3回目ですが、この時が一番緊張する場面です。しかし、すんなり成功。私、成長しているじゃない!?

 オモリが底に着いて糸フケ(糸のたるみ)を取ってから5メートル巻き上げます。すると、すぐに竿先がククッと動きました。まあ1投目だし、まずは魚を確保することが先決。追い食いを待たずに巻き上げ開始。10分近くかけて仕掛けを上げてくると、魚が2尾見えました。「黒いダイヤ」とも称される高級魚のクロムツでした! しかも40センチ級の良型です。なんと幸先のいいことでしょう。この調子でいけばキンメだって釣れるかも。

 そして2投目。今度はサバの猛攻撃。仕掛けが底まで落ちる前に竿先が大きく揺れます。オマツリしないようにすぐ回収。すると、サバに交じってオアカムロと呼ばれるアジの仲間も釣れました。私は初めて釣った魚だったので、ちょっとうれしい。

 その後のアタリが減ってきたので、持参したホタルイカを上2つのハリに付けてみました。すると、またしてもクロムツが釣れました。クロムツでも十分うれしいのですが、やはり金色の目をしたキンメを釣りたい気持ちが募ってきます。特に真冬の海で、ただひたすらアタリを待つというのは、私にとって非常に試練。こんな時にキンメが釣れたら寒さも吹き飛びます。しかし、本命の魚は一向に釣れません。と、隣の釣り人が「ここ(城ケ島沖)は水深が浅いのでキンメがいないんだよね」と衝撃のひと言。え~!? そうだったんだ。ガッカリ。

 残念ながら今回も正月の祝い膳に赤いお魚を並べることはできなかったけど、タチウオみたいな顔をしたカゴカマスやサバ、たくさんのクロムツ料理が食卓を飾りました。今年も今回の釣りのように、たくさんの魚や釣り、人、仕事に出会えますように!

ライフ

×