石川・輪島市で開催予定だった35キロ競歩の日本選手権は中止

スポーツ報知

 日本陸連は30日、能登半島地震で大きな被害を受けた、石川・輪島市で4月14日に開催を予定していた35キロ競歩の日本選手権の中止を決めた。

 同連盟は「令和6年能登半島地震により亡くなられた方々のご冥福を心からお祈りしますとともに、被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます。また、救援、支援活動にご尽力されている皆様へ敬意を表します。本連盟として、募金活動などを通しできる限りの被災地への支援に取り組んでまいります。被災された皆様の安全と、一日でも早く平穏な生活に戻られますことを心よりお祈り申し上げます」とした。

スポーツ

×