松田瑞生 号泣3位でパリ五輪断念、引退示唆「大声援の中、最後に走ることができて本当によかった」

スポーツ報知
3位でゴールする松田(カメラ・岩田 大補)

◆陸上 ▽大阪国際女子マラソン(28日、ヤンマースタジアム長居発着=42・195キロ)

 今夏のパリ五輪代表残り1枠を争う「MGCファイナルチャレンジ」を兼ねて行われ、21年東京五輪代表の前田穂南(27)=天満屋=が2005年に野口みずきが出した日本記録(2時間19分12秒)を19年ぶりに更新する2時間18分59秒をマークし2位となった。日本人2位は松田瑞生(28)=ダイハツ=だった。

 * * * *

 松田が大粒の涙を流しながら、完走した。先頭集団で走っていたが、21キロ付近でペースダウン。2時間21分41秒の設定記録を上回ることはできず、3位入賞だった。「3月(名古屋ウィメンズ)は確実に挑戦しない」とパリ五輪は断念。大阪出身の松田は号泣しながら、「大阪の大声援の中、最後に走ることができて本当によかった」と引退を示唆する言葉を残した。

スポーツ

×