都道府県対抗男子駅伝 全中王者・吉田星が6区で8人抜きの快走…中学生区間では北海道勢初の区間賞獲得

スポーツ報知
6区で区間賞の快走を見せた吉田

◆第29回全国都道府県対抗男子駅伝 (21日・広島市平和記念公園前発着=7区間48キロ)

 中学生区間の6区(3キロ)で、吉田星(上野幌中3年)=写真=が8分40秒で区間賞を獲得、8人抜きの快走を見せた。中学生区間の道勢区間賞は史上初。北海道(佐々木、斎藤、岩崎、雪田、大杉、吉田、小野)は2時間22分21秒で19位だった。

 昨夏の全国中学3000メートル王者の吉田は、29位でタスキを受けると「全中決勝メンバーもいたので、絶対負けたくなかった」と177センチの長身を生かした力強い走りで21位まで順位を上げた。今春、道内の高校に進学予定で「高校総体、高校駅伝で活躍し、大学で箱根駅伝出場、将来は五輪代表を目指したい」と意欲を見せていた。

スポーツ

×