黒田兄弟が都道府県対抗男子駅伝で力走 兄の朝日は3区10位、弟の然は5区14位

スポーツ報知
全国都道府県対抗男子駅伝で同じタスキをつないだ黒田兄弟は仲良く笑顔を見せた(右が兄・朝日、左が弟・然)

◇第29回全国都道府県対抗男子駅伝 (21日、広島市平和記念公園前発着=7区間48キロ)

 長野が2時間17分の大会新記録で、コロナ禍による中止を挟んで3大会連続で最多10回目の優勝を果たした。最終7区(13キロ)では、長野・佐久長聖高出身で駒大主将の鈴木芽吹が36分52秒の区間新記録をマーク。大島健太(高知)が2004年にマークした37分9秒の区間記録を20年ぶりに更新し、有終の美を飾った。

 2位は埼玉、3位は千葉だった。

 47都道府県の代表選手が参加する今大会は、大学生・社会人が3区(8・5キロ)と7区(13キロ)を、高校生が1区(7キロ)と4区(5キロ)と5区(8・8キロ)を、中学生が2区と6区(いずれも3キロ)を走って競った。

 第100回箱根駅伝(2、3日)で、各校のエースが集う「花の2区」(23・1キロ)で歴代4位、日本人歴代2位の1時間6分7秒の好記録で区間賞を獲得し、青学大の2年ぶり7度目の優勝に貢献した黒田朝日(2年)は箱根駅伝後、初レースとして、出身地の岡山の3区を走り、区間10位だった。「速いペースで突っ込みましたけど、何とか粘れました」と笑顔で話した。

 昨年の全国高校総体3000メートル障害2位で、今春に青学大に入学する弟の黒田然(ぜん、岡山・玉野光南高3年)は高校生最長区間の5区で区間14位だった。兄の朝日は「頑張ったと思います」とねぎらった。然は、4月から青学大でチームメートとなる兄ついて「尊敬しています。今春から同じ舞台で戦うので追いつき、追い越す気持ちで頑張ります」と強い意欲を示した。

スポーツ

×