都道府県対抗男子駅伝1区区間新の川原琉人と4区区間賞の永原颯磨は今春、順大へ

スポーツ報知
全国都道府県対抗男子駅伝1区を走る高校生ランナー

◇第29回全国都道府県対抗男子駅伝 (21日、広島市平和記念公園前発着=7区間48キロ)

 長野が2時間17分の大会新記録で、コロナ禍による中止を挟んで3大会連続で最多10回目の優勝を果たした。最終7区(13キロ)では、長野・佐久長聖高出身で駒大主将の鈴木芽吹が36分52秒の区間新記録をマーク。大島健太(高知)が2004年にマークした37分9秒の区間記録を20年ぶりに更新し、有終の美を飾った。

 2位は埼玉、3位は千葉だった。

 47の都道府県の代表選手が参加する今大会は、学生・社会人が3区(8・5キロ)と7区(13キロ)を、高校生が1区(7キロ)と4区(5キロ)と5区(8・8キロ)を、中学生が2区と6区(いずれも3キロ)を走って競った。

 1区は、長崎・五島南高3年の川原琉人が19分31秒の区間新記録で区間賞を獲得した。川原が在籍する五島南高は陸上競技部員が5人だけで駅伝チームは編成できず、全国高校駅伝どころか長崎県高校駅伝にも出場していない。昨年の今大会1区でも2年生ながら区間3位と健闘した川原は、残り約2キロから先頭に立ち、全国高校駅伝の名門校のエースたちに堂々と先着した。川原は「支えてくれた方々に恩返しができました」と感謝した。

 4区は佐久長聖高3年の永原颯磨が区間記録に1秒と迫る14分3秒で区間賞を獲得した。「区間記録に届かず、まだまだです」と永原は満足することはなく話した。

 川原と永原は、ともに今春、順大に進学予定。今年の第100回箱根駅伝(2、3日)で、順大は17位に終わり、4年ぶりにシード権を逃した。復権を目指す順大に頼もしいルーキーが加入する。

スポーツ

×