【巨人】鈴木康平「勝てるようなパーツになれればいい」広島で自主トレ実施

広島県内で自主トレを行った巨人・鈴木康平投手
広島県内で自主トレを行った巨人・鈴木康平投手

 巨人の鈴木康平投手が18日、V奪回のピースとなることを誓った。

 オリックスからトレードで移籍した昨季は33試合に登板して1勝1敗、防御率6・59。移籍2年目となる今季は、オリックスから近藤がトレードで加入するなどリリーフ陣は競争激化が予想される。「阿部さんが就任1年目ですし、勝てるようなパーツになれればいい。今年は何が何でも優勝したい。(中継ぎは)し烈な争いになると思いますけど、やるのは自分。人がどうこうとかじゃないので、自分のやることをやるだけです」と引き締めた。

 この日は、広島・東広島市の「Mac’sトレーナールーム」で自主トレを実施。これまでのシーズンを振り返って「いつも(春季キャンプで)飛ばし過ぎて、オープン戦とかで疲れちゃって…というのがあった」と反省を口にし、「今年はゆっくりやりたい。オープン戦で結果が出なくて(開幕)2軍スタートより、もっと先を見据えて。オープン戦が本格的に入ってくるタイミングで状態を上げていければ」と、開幕へ向けた調整プランを明かした。

→次ページに 鈴木康平&船迫大雅の投球動画→

1 2

巨人

×