箱根駅伝2位の駒大が再始動 藤田敦史監督「箱根の借りは箱根でしか返せない」新主将は篠原倖太朗

スポーツ報知
駒大の(前列左から)大八木弘明総監督、篠原倖太朗、鈴木芽吹、佐藤圭汰、山川拓馬、金子伊吹、(後列左から)帰山侑大、安原太陽、赤星雄斗、花尾恭輔、庭瀬俊輝

 第100回箱根駅伝(2、3日)で総合2位だった駒大が一夜明ける前の4日午前5時40分、新チームでの練習を開始した。日の出前の競技場で、藤田敦史監督は「箱根の借りは箱根でしか返せない。今回チームとして味わった悔しさを忘れないために、1年かけてやっていかなければならない。人ごとではなく、自分がチームをもう一回強いチームにするという自覚が、一番大事になる」と選手らに声をかけた。藤田指揮官の2季目が、熱い言葉と共に始まった。

 次期主将には、今年の箱根で1区区間賞のチームの主力、篠原倖太朗(3年)が就任した。篠原は「自分がどう動くかというより、一人一人どう思うかが、チームを変えていく。駒大は箱根駅伝で勝たないといけないチームだと思いますし、来年優勝するのは駒大であるべき。しっかりとみんなが同じ方向を向いてやっていけたら」と就任あいさつした。

 篠原は今季、出雲1区区間賞、全日本3区2位で、ハーフマラソンの日本人学生記録(1時間0分11秒)も保持している学生長距離界トップランナー。世界と大学駅伝の両立については難しさもあるが「駒大じゃなきゃできないこと。ぶらさずにやっていきたい。駒大に憧れて入ってきたので、駒大にいるときは駒大に全て、自分ができることをささげたい」と力を込めた。

 昨季同校初の学生3大駅伝3冠を達成した駒大は、今季も出雲駅伝、全日本大学駅伝を1区から一度も首位を譲らない完全V。史上初の2年連続3冠が、すぐ側に見えていた。しかし3区で佐藤圭汰(2年)が青学大の太田蒼生(3年)に首位を明け渡すと、計画が崩れた。4区の山川拓馬(2年)で差を広げられ、2分38秒差で往路優勝を逃した。

 3日の復路も6区の帰山侑大(2年)で4分以上の差をつけられ、7~9区に配置した4年生の力を持ってしても巻き返せなかった。藤田監督は「総合優勝目指していた中、2位で満足はできない。これだけ強いチームを預かって優勝させてあげられなかったということは、未熟さが出た部分かなと感じています」と受け止めていた。

スポーツ

×