【箱根駅伝】国学院大、来年狙うは「優勝」のみ 前田監督「もうここで仕留めに行く」新主将は平林清澄「来年は全員で笑って」

スポーツ報知
タスキを受け取った国学院大9区・吉田蔵之介 (カメラ・堺 恒志)

◇第100回東京箱根間往復大学駅伝競走復路 (3日、神奈川・箱根町芦ノ湖スタート~東京・千代田区大手町読売新聞社前ゴール=5区間109・6キロ)

 6位から復路をスタートした国学院大は総合5位で今大会を終えた。

 総合3位を目標に掲げてきたが、わずかに届かず。前田康弘監督は「価値のある5位。チームの強さは見せられたかなと思うんですけど、選手達は報告会でみんな泣いてるくらいだから、満足してないです」と話した。

 各校のエースが集結する花の2区で区間3位と好走した平林清澄(3年)が新主将に就任。来年の箱根で“リベンジ”に挑む。次回、目指すは「優勝」のみで、指揮官は「もうここで仕留めに行くぞというつもりで。(青学はじめ他大学も)めちゃくちゃ強いですけど、頑張ります」と宣言。平林を主将に任命した理由も「優勝したいからです」とズバリ言い切った。

 チームの未来を託された平林は「正直、自分が今、優勝に向けて気持ちが強いと思っているので、その気持ちを後輩たちに、チームに伝えながらやっていきたい。締まった雰囲気の、きゅっとした国学院を作って行きたい。来年はここで泣くことなく、全員で笑って終われるように。そういうチームを作っていきたい」と覚悟を口にした。

スポーツ

×