【箱根駅伝】父は「ケツメイシ」吉田蔵之介、箱根デビュー 父の存在で注目も今後は「お父さんがケツメイシと言われているので、それが逆に」

スポーツ報知
国学院大8区・鎌田匠馬(右)から吉田蔵之介にタスキが渡る (カメラ・堺 恒志)

 ◇第100回東京箱根間往復大学駅伝競走復路 (3日、神奈川・箱根町芦ノ湖スタート~東京・千代田区大手町読売新聞社前ゴール=5区間109・6キロ)

 総合5位で終えた国学院大では、9区で前田監督期待のルーキー・吉田蔵之介(1年)が箱根デビューを果たした。

 父は人気音楽グループ「ケツメイシ」のリーダー・大蔵。この日は父から「夢の舞台、楽しんでこい!」とエールをもらい、復路のエースが集う重要区間を走りきった。結果は1時間10分1秒の区間7位。「応援がうれしかった。走って楽しかった。(内容としては)ラスト1キロで(前の)法大の選手に離された。まだまだ実力不足。4年生の他大学の先輩方に全然かなわなくて、やっぱりまだまだ自分の実力不足を感じた」と振り返った。

 レース前には必ず聞く勝負曲は「ケツメイシ」の「覚悟はいいか」。この日もいつものルーチンで気合いを入れた。沿道には父や知り合いの姿も。「声は聞こえなかったが、(姿が)見えたのでうれしかった。元気が出た」と、最後まで力強く駆け抜けた。

 中学2年生から陸上を始め、埼玉栄高時代には全国高校駅伝のアンカーも担った。当初は、父の存在で注目を集めたが、これからは自分の走りで名をとどろかせる。「お父さんがケツメイシと言われているので、それが逆になるくらい自分も走りでもっと強くなれるように頑張りたい」と誓った。

スポーツ

×