【箱根駅伝】父は「ケツメイシ」大蔵の国学院大・吉田蔵之介が9区でデビュー

スポーツ報知
国学院大9区・吉田蔵之介(右)がタスキを受ける(カメラ・堺 恒志)

◇第100回東京箱根間往復大学駅伝競走復路 (3日、神奈川・箱根町芦ノ湖スタート~東京・千代田区大手町読売新聞社前ゴール=5区間109・6キロ)

 国学院大の9区・吉田蔵之介(1年)が箱根デビューを果たした。5位でタスキを受けると力強く走り始めた。

 父は人気音楽グループ「ケツメイシ」のリーダー・大蔵。自身は中学2年から陸上を始め、埼玉栄高時代には全国高校駅伝のアンカーも担った。父ともジョギングで汗を流したこともあるという。

 「(歌で)たくさんの人の心を動かす(大蔵の)姿は本当にかっこういい。自分もいろいろな人に走りで元気を与えられるような選手になりたい」。強い覚悟でペースを刻んだ。

スポーツ

×