【箱根駅伝】トップ快走の青学大・原晋監督、6区・野村昭夢に「兄貴を超える時が来たぞ!」と猛ゲキ飛ばす

スポーツ報知
青学大・原晋監督

◇第100回東京箱根間往復大学駅伝競走復路 (3日、神奈川・箱根町芦ノ湖スタート~東京・千代田区大手町読売新聞社前ゴール=5区間109・6キロ)

 往路がスタートし、6区の箱根湯本駅付近で運営管理車に乗った各校監督が選手に合流した。

 往路を大会新で制した青学大の原晋監督はトップを快走する野村昭夢(3年)に、「兄貴を超える時が来たぞ!区間賞をとって兄貴を超えるぞ」とゲキ。兄の峻哉さんは東洋大時代に3年時の箱根駅伝9区で区間賞を獲得。その兄に続けと背中を押した。圧巻の走りで7区・山内健登(4年)へとタスキをつないだ。

 逆転で2年連続優勝を狙う駒大の藤田敦史監督が帰山侑大(2年)に「脚動いている あきらめないよ、4年生待っているぞ、1秒でもつめていくぞ」と後押しした。また総監督の大八木弘明氏も往路2区に続き、沿道から声をかけた。

スポーツ

×