【箱根駅伝】駒大3区・佐藤圭汰、両足に異変「つっている状態」青学大に追いつかれ「焦りが出て…」まさかの首位から陥落

スポーツ報知
3区でデッドヒートを展開した駒大の佐藤圭汰(左)と青学大の太田蒼生(右)(カメラ・泉 貫太)

◇第100回東京箱根間往復大学駅伝競走往路(2日、東京・千代田区大手町読売新聞社前スタート~神奈川・箱根町芦ノ湖ゴール=5区間107・5キロ)

 駒大の“3本柱”の一角・佐藤圭汰(2年)は1時間13秒の区間2位の記録を出したが、順位を1つ下げた4秒差の2位でタスキをつないだ。

 22秒リードの首位でタスキを受けたが、7・6キロ付近で59分47秒の好タイムを出した青学大・太田蒼生(3年)に追いつかれ、その後は並走してデッドヒート。残り約3キロで太田にスパートをかけられ、最後はついていけなかった。前回大会、全日本大学駅伝、出雲駅伝と続けてきた駒大の首位継続は「23区間」で途切れた。

 佐藤はタスキを渡した後、足の治療を施し、足を引きずり、仲間に肩を預けながら取材エリアに姿を見せた。「絶対に先頭で(4区の)山川(拓馬)に渡したかった。悔しいです。総合優勝、2年連続3冠という目標を掲げているので、それに走りで貢献したい気持ちがあった」と声を震わせ、悔しさをあらわにした。

 7・6キロ付近で青学大・太田に追いつかれたことについては「そんなに早く追いつかれると思っていなかった。追いつかれても15キロぐらいだと思っていたのですごいびっくりした。そこからペースを上げないといけないと思って焦りが出て、足を使ってしまって、後半の3キロは足が動かなかった」と振り返った。

 足の状態は「ずっとつっている状態で、筋肉が固まっている感じ。右の太ももが中心で、右足も左足も(違和感がある)」といい、「初めて」の感覚だという。走り終えた後、痛みが発症し「立っているのは大丈夫だけど、歩いたりして力を入れるときに痛い」と顔をしかめた。

 昨年11月に1万メートルで27分28秒50のU20(20歳未満)日本記録を更新したホープ。初めての箱根ではレース終盤に力を示せなかったことについて、20キロ以上のレース経験が浅いことを要因の一つに上げ、「ラスト3キロの一番大事なところで太田さんに仕掛けられて、自分は対応できなかった。まだまだ持久力に対応できないというか、そういった距離は、自分はまだまだだと思いました」と話した。

スポーツ

×