川崎FWレアンドロダミアンが退団へ「フロンターレには感謝の気持ちしかない」5つのタイトル獲得貢献

スポーツ報知
サポーターに手を振る川崎・レアンドロ・ダミアン(カメラ・今成 良輔)

 川崎のFWレアンドロダミアン(34)が今季限りで退団する見通しであることが9日、関係者の話で分かった。元ブラジル代表、12年ロンドン五輪得点王の看板を引っ提げ、19年シーズンに鳴り物入りで川崎に加入。20、21年のJ1連覇など5つの主要タイトル獲得に貢献し、21年には得点王(23点)と最優秀選手賞を受賞した。

 近年は負傷離脱が多く、昨季は23試合5得点、今季も12試合3得点にとどまったが、決定力だけでなく、前線からの積極的な守備やリーダーシップでもファン・サポーターから愛された。先発した天皇杯決勝後には「この5年間、フロンターレには感謝の気持ちしかない。本当に何一つ文句を言う必要がないぐらい、ポジティブなことしかなかった。本当に心から感謝の気持ちでいっぱい。自分だけではなく、家族にとってもプラスのことしかなかった」と感謝を語った。J1通算成績は127試合53得点。

サッカー

×