【阪神】岡田彰布監督、現役ドラフト「うまいこといった。馬場やったら、最初の方かなと」 2番目指名で漆原大晟

スポーツ報知
漆原大晟

 出場機会の少ない選手の移籍活性化を目指す第2回「現役ドラフト」が8日に開催され、阪神は、オリックスから漆原大晟投手(27)を獲得した。通算72登板と経験豊富な右腕。岡田彰布監督(66)は「(指名は)迷わずして。(戦略が)うまいこといった」と満足した。

 27歳と若く、将来性も十分な漆原を獲得できたのは、あえて馬場を放出したからだ。欲しい選手を選ぶためには、自軍の選手が早めに指名されることが必要。優勝争いの中でも1軍に帯同した馬場を手放したことには、「しょうがない」と指揮官。「やっぱり評価はすごく高かったみたい。馬場やったら、最初の方かなと思ったから」。想定通り、指名順1位の巨人が馬場を指名してくれたことで、狙っていた獲物を射止めた。

 昨年も、他球団から提出されたリストの中で最も欲しかった大竹の獲得に成功。左腕は12勝と大活躍した。漆原は今季、パ・トップのチーム防御率2・73のオリックスで16試合の登板だったが、嶌村球団本部長は「投手の質が非常に高いチームで、なかなか割って入れなかった部分も考慮した」と、実績以上の力を期待。まさに、ソフトバンクで出場が少なかった大竹と似たような存在。指揮官も「ピッチャーのええところやからな、結局」と目を細めた。

 岡田監督は、リーグが移ることで化ける可能性が高いのは投手だとも力説。「(打者が特徴を)分からん方がいいに決まってる」。起用法は未定だが「可能性のある投手。キャンプとかで実際に見て。楽しみや」と、“第二の大竹”との対面を心待ちにした。

(安藤 理)

 虎で「恩返しを」 〇…阪神に移籍する漆原は大阪・舞洲のオリックスの球団施設で「前向きな気持ち」と心境を語った。18年育成ドラフトで入団し、20年に支配下登録。21年には34登板し、一時はクローザーも任された。「阪神でもう一度活躍して、恩返しを」と誓った。新天地では、新潟医療福祉大の後輩である桐敷も活躍中。「また切磋琢磨(せっさたくま)して負けないように」と意気込んだ。

野球

×