【高校野球】ダウンタウン・松本人志の母校・尼崎工はセンバツ21世紀枠候補入り逃す 春夏通じて初の甲子園出場ならず

スポーツ報知
松本人志

 日本高野連は8日、第96回センバツ高校野球大会(来年3月18日開幕・甲子園)の21世紀枠候補9校を発表した。近畿地区では和歌山・田辺が選出され、兵庫・尼崎工は涙をのんだ。来年1月26日の選考委員会で、前回大会から1減となる2校が東西の区分を設けずに選ばれる。

* * *

 ダウンタウン・松本人志(60)の母校・尼崎工は、春夏通じて初の甲子園出場とはならなかった。今秋、17年ぶりに兵庫大会8強入りし、県高野連から推薦されていた。

 落選結果をミーティングで伝えた八木一真監督(31)は「落ち込むというよりは、自分たちの力をつけていこうという感じだった」とナインの前向きさを感じ「残念ではあるけど、春に向けてやろう」と選手を鼓舞した。

野球

×