【現役ドラフト】オリックスは中日から鈴木博志を獲得 17年ドラフト1位右腕は「チャンスだと思って頑張ります」

スポーツ報知
鈴木博志

 オリックスは、中日から鈴木博志投手(26)を獲得した。17年ドラフト1位でプロ入りした右腕で、日本ハムから交換トレードで加入した吉田輝星投手(22)に続いて、ドラ1右腕(吉田は18年1位)を迎え入れることになった。

 鈴木は1年目の18年に53試合に登板するなど、通算114試合に登板し、7勝11敗18セーブ15ホールド。今季は先発と兼用で9試合で1勝2敗だったが、救援登板した交流戦でオリックスを2回無失点に抑えた。昨年も先発して5回無失点と好投していた。

 同じ右投手の漆原が阪神移籍となったが、福良GMは「投手同士ですからね。1人減ったところで1人取れたのはよかったです」と話した。エースの山本と山崎福が抜けるが、中日でも潜在能力を評価されてきた鈴木を補強。吉田とともに新天地で花開く可能性はある。鈴木は「(中日を)離れるのは寂しいですが、チャンスだと思って、新しいチームに行っても頑張ります」とコメントした。

野球

×