現役ドラフト、1番人気の巨人から指名開始 ドラフト1位入団の選手が3人 投手が9人と投手重視の傾向に

スポーツ報知
12球団現役ドラフト獲得選手

 出場機会の少ない選手の移籍活性化を目指す第2回「現役ドラフト」が8日に開催された。昨年の第1回と同じく、各球団6人までが出席し、非公開のオンラインで実施された第2回現役ドラフトは、昨年より少し短い約40分ほどで終了した。

 関係者の話を総合すると、最も多い獲得希望票を集めた巨人が1番目の指名権を得て阪神・馬場を指名。指名された球団が次の指名権を得るため、続いて阪神→オリックス→中日→ヤクルトの順で指名が進んだという。

 各球団が2人以上の対象選手をリストアップすることになっており、3人以上をリストアップした球団も複数あったが、前回に続き2巡目の指名はなかった。

 今回はリストに年俸5000万円以上1億円未満の選手を入れた場合、5000万円未満の選手も加えた3人以上をリストアップするようルールが変更された。該当する選手がリストに含まれていたかは不明だが、指名された12人はいずれも推定年俸5000万円未満だった。

 昨年指名された選手は投手6人、内野手2人、外野手4人だったが、今回は投手が9人、内野手1人、外野手2人と投手重視の傾向に。前回はオコエ(楽天→巨人)だけだったドラフト1位入団の選手が、今回は3人(馬場、佐々木千、鈴木)に増えた。

 「いい方向に」 〇…日本プロ野球選手会の森忠仁事務局長は、第2回現役ドラフトを「いい方向に行っている」と評価した。元ドラフト1位が3人指名され、「環境を変えてあげられればという(球団の)気持ちが出ている」。第1回の移籍選手から大竹(ソフトバンク→阪神)、細川(DeNA→中日)らが新天地で開花。「他球団にとって魅力的ではない選手をリストで出せば、結果的に上位で獲れない」と、さらなる移籍の活性化を期待した。

野球

×