【DeNA】佐々木千隼「ロッテを離れるのはとても寂しい。新天地で精いっぱい」 中継ぎでの活躍に期待

スポーツ報知
佐々木千隼

 DeNAは8日、現役ドラフトでロッテから佐々木千隼投手(29)を獲得した。ロングリリーフを含む中継ぎとして期待される右腕は、「ロッテを離れるのはとても寂しいです。ただ、自分にとってはプラスのことですので、新天地で精いっぱい頑張りたいと思います」と前を向いた。

 佐々木千は田中正(日本ハム)らとともに注目を集めた16年ドラフトで、DeNAを含む5球団から「外れ1位」指名を受けた。1年目は先発で4勝7敗、防御率4・22。21年には「8回の男」に定着して54登板。開幕8連勝で8勝1敗1セーブ、26ホールド、防御率1・26をマークした。

 スリークオーターから140キロ台後半の直球を投げ込み、スライダー、シンカー、フォークを操る。コンディション不良による好不調の波が激しく、23年はわずか2登板に終わったが、イースタン・リーグでは26試合に登板して4勝7敗1セーブ、防御率3・84。「スタンドからすごい声援をいただいたことが忘れられません」と、ロッテファンに感謝の言葉を並べた16年ドラフト1位が、DeNAで再起を目指す。

野球

×