【現役ドラフト】ヤクルトは巨人から北村拓己を獲得 小川GM「勝負強さであったり、右の特性を生かして」

スポーツ報知
北村拓己内野手

 ヤクルトは8日、現役ドラフトで巨人の北村拓己内野手を指名した。

 球団事務所で対応した小川GMは「右打ちの内野手でどこでも守れる。どちらかというと大砲。同じ北村で(北村恵吾内野手と)かぶるかもしれないけど、ショートでもセカンドでもどこでも守れる」と評価。投手ではなく北村だった理由を問われ「もちろんピッチャーも補強しなきゃいけない大きなポイントになるんだけど、野手も手薄というところで。現場と話した中での獲得になった」と説明した。

 同じセ・リーグで、プレーする姿を見る機会も多かっただけに、小川GMは「今年1軍で出る機会も多かったので、そういうところの評価もあると思う。チームによって立ち位置とか違ってくるし、求められるものも違ってくる。右の内野手として出場機会は多くなるかと思うんで、勝負強さであったり、右バッターの特性を生かしての起用になると思うので、そういうところの期待になる」と話していた。

野球

×