【高校野球】21世紀枠候補に別海、仙台一、水戸一、帝京大可児、富山北部、田辺、岡山城東、大洲、鶴丸来春センバツに2校出場

スポーツ報知

 日本高野連は8日、来春の第96回センバツ高校野球大会(2024年3月18~30日・甲子園)に出場する21世紀枠の各地区候補9校を以下の通り発表した。

 来年1月26日の選考委員会で、出場する全32校が決定。21世紀枠は、従来から1減の2校を、東西の区分を設けずに選出される。

◇北海道

別海

◇東北

仙台一(宮城)

◇関東・東京

水戸一(茨城)

◇東海

帝京大可児(岐阜)

◇北信越

富山北部(富山)

◇近畿

田辺(和歌山)

◇中国

岡山城東(岡山)

◇四国

大洲(愛媛)

◇九州

鶴丸(鹿児島)

野球

×