宝塚宙組娘役の遺族側がパワハラの"証拠LINE”公表 母親に被害訴えるメッセージ…意見書を歌劇団側に送付

スポーツ報知
宝塚大劇場

 宝塚歌劇団(兵庫県宝塚市)の宙組娘役・Aさん(享年25)が9月30日に転落死した問題で、遺族代理人の川人博弁護士らが7日、東京都内で記者会見した。

 会見では上級生のパワハラがあった証拠として、Aさんが生前に母親に被害を訴えたLINEのメッセージを公表。歌劇団側は先月14日の外部弁護士調査チームによる報告会見で「証拠を出してほしい」などと要求。メッセージは提出していたが、採用されなかったという。遺族側はこれらを含む意見書を5日付で歌劇団側に送付した。

 遺族側はAさんが2021年8月、上級生にヘアアイロンで額にやけどを負わされたと主張。Aさんはラインで「わざとな気がする」と故意を示唆し「ちゃいろになってる」「さいあく」などと記した。また、亡くなる約1か月前には、午後11時40分ごろに「怒られてた」「まだかえれんわ」などと送信。川人弁護士によると、Aさんが受けたとされる主要なパワハラは15事案あり「長時間労働自体がパワハラ」と説明した。

 会見の冒頭では遺族のコメントが朗読された。報告書の内容について遺族は「宙組の生徒さんが勇気を出して証言してくださったこと、私たち家族が訴えたことが全く反映されておらず、パワハラを行った上級生を擁護する歪曲(わいきょく)された内容」と指摘。「娘はもう何を言うこともできません。それをいいことに、自分たちの都合のいいように真実をすり替え、娘の尊厳をこれ以上傷つけるのはやめてください」と憤り「劇団と、パワハラを行った上級生が真実を認め、謝罪することを求めます」と訴えた。

 代理人は今月後半に歌劇団側と2回目の会合を開く予定。川人弁護士は「パワハラを認めることを強く期待する」とした上で「のらりくらり続ける限り、まだ長引く。その場合、しかるべき手段を取る」と民事裁判の可能性も示唆して事実上の“最後通告”をした。

 〇…歌劇団は7日夜、代理人を通じて6日に遺族代理人からの意見書を受領したと発表した。「意見書や本日のご遺族代理人の会見の内容等も踏まえて改めて事実関係の精査等を行うとともに、ご遺族のお気持ちやお考えを真摯(しんし)に受け止め、引き続き誠実に協議してまいる所存です。ご遺族には、改めて正式な謝罪を申し上げる機会をいただけるように努めてまいりたいと考えております」とコメントした。

芸能

×