日本代表初招集のMF伊藤涼太郎「ずっと目指していた場所なので素直にうれしく、とても楽しみにしています」

スポーツ報知
自信がみなぎる表情で代表メンバーを発表する森保一監督(カメラ・竹松 明季)

  日本サッカー協会は7日、来年元日の国際親善試合・タイ戦(国立)に臨むメンバー23人を発表した。

 新潟から今夏ベルギー1部シントトロイデンに移籍したMF伊藤涼太郎は代表初招集。クラブを通して「僕自身、日本代表というのはずっと目指していた場所なので素直にうれしく、とても楽しみにしています。選ばれただけではなく、しっかりと自分のプレーを出してアピールしたいと思っています!」とコメントした。

 1月1日の代表戦は史上初で、同12日開幕のアジア杯(カタール)への貴重な実戦となる。だが、元日は国際試合期間外のため、各クラブは招集に応じる義務はなく、年末年始にリーグ戦があるイングランドの三笘薫(ブライトン)、遠藤航(リバプール)、スペインの久保建英(Rソシエダード)ら現代表の主力はメンバー外となった。

サッカー

×