日本代表初招集のFC東京GK野沢大志ブランドン「本当に驚いています」…パリ五輪世代の身長193センチ大型GK

スポーツ報知
野沢大志ブランドン

 日本サッカー協会は7日、来年元日の国際親善試合・タイ戦(国立)に臨むメンバー23人を発表した。

 FC東京のパリ五輪世代のGK野沢大志ブランドンが初招集された。身長193センチ、体重90キロの大型GKは、今季J1デビューを飾るなど、10試合に出場した。

 クラブを通して、野沢は「サッカー選手として常にめざしていた場所ですが、SAMURAI BLUEに選出いただき本当に驚いています。東京の選手として代表に選ばれた誇りを胸に、日ごろから支えてくださる方々への感謝の気持ちをプレーで表現したいです。

 今回の選出は本当に特別なことですし、しっかりと後悔のないように経験を積んできます。

 国を背負っているので、年齢に関係なく、一人のプロサッカー選手としての責任の重みも感じながら戦いたいと思います。ファン・サポーターのみなさん、応援よろしくお願いします」とコメントした。

 1月1日の代表戦は史上初で、同12日開幕のアジア杯(カタール)への貴重な実戦となる。だが、元日は国際試合期間外のため、各クラブは招集に応じる義務はなく、年末年始にリーグ戦があるイングランドの三笘薫(ブライトン)、遠藤航(リバプール)、スペインの久保建英(Rソシエダード)ら現代表の主力はメンバー外となった。

サッカー

×