日本代表、史上初元旦開催のタイ戦メンバー発表…パリ五輪世代のGK野沢大志ブランドンとMF伊藤涼太郎が初招集

スポーツ報知
森保一監督

 日本サッカー協会は7日、来年元日の国際親善試合・タイ戦(国立)に臨むメンバーを23人を発表した。

 1月1日の代表戦は史上初で、同12日開幕のアジア杯(カタール)への貴重な実戦となる。だが、元日は国際試合期間外のため、各クラブは招集に応じる義務はなく、年末年始にリーグ戦があるイングランドの三笘薫(ブライトン)、遠藤航(リバプール)、スペインの久保建英(Rソシエダード)ら現代表の主力はメンバー外となった。

 代わりに、伊藤涼太郎(シントトロイデン)らが初招集された。

 メンバーは以下の通り。

 ▽GK

 前川黛也(神戸)

 鈴木彩艶(シントトロイデン)

 野沢大志ブランドン(FC東京)

 ▽DF

 谷口彰悟(アルラヤン)

 板倉滉(ボルシアMG)

 森下龍矢(名古屋)

 町田浩樹(サンジロワーズ)

 毎熊晟矢(C大阪)

 伊藤洋輝(シュツットガルト)

 菅原由勢(AZ)

 藤井陽也(名古屋)

 ▽MF/FW

 伊東純也(Sランス)

 浅野拓磨(ボーフム)

 南野拓実(モナコ)

 伊藤涼太郎(シントトロイデン)

 堂安律(フライブルク)

 上田綺世(フェイエノールト)

 田中碧(デュッセルドルフ)

 奥抜侃志(ニュルンベルク)

 川村拓夢(広島)

 中村敬斗(Sランス)

 佐野海舟(鹿島)

 細谷真大(柏)

サッカー

×