宝塚歌劇雪組公演が開演直前に中止…「出演者が体調不良で回復の見込みが立たない」

スポーツ報知
宝塚大劇場

 宝塚歌劇団(兵庫県宝塚市)の本拠地・宝塚大劇場で、7日午前11時から予定していた雪組公演「ボイルド・ドイル・オンザ・トイル・トレイル」「FROZEN HOLIDAY」が開演直前に中止となった。

 歌劇団は理由について「出演者が体調不良で回復の見込みが立たない」と説明している。この日の午後3時30分開演の部の上演可否は未定。

 同歌劇団を巡っては、宙組娘役(享年25)が9月30日に転落死しており、同劇場での公演は翌10月1日から中止。雪組は今月1日の雪組公演で2か月ぶりに幕を開けたばかりで、トップスター・彩風咲奈は初日に「皆様に感謝の気持ちを一日一日大切にお返しできますよう、お客様一人一人のために、大切なあなたのために、愛する雪組の仲間とともに、千秋楽まで元気に駆け抜けてまいりたいと思います」と、あいさつしていた。千秋楽は13日。

芸能

×