藤浪晋太郎に「2、3球団」が興味 マイナー契約&日本復帰の可能性はキッパリ否定

スポーツ報知
藤浪晋太郎

 オリオールズからフリーエージェントになっている藤浪晋太郎投手(29)の代理人を務めるスコット・ボラス氏が6日(日本時間7日)、米テネシー州ナッシュビルで開催中のウィンターミーティングで取材に応じ、藤浪に複数球団からメジャー契約のオファーが来ていることを明かした。

 メジャー1年目だった今季は、アスレチックス、オリオールズでプレーし、64登板で7勝8敗2セーブ、防御率7・18だった。先発で開幕ローテに入ったが、4月途中からはリリーフに配置転換。救援では存在感を示し、ボラス氏は「2、3球団から話が来ており、交渉を進めている」と語り、「1球団からオファーを受けた。私の交渉は常に、マイナーではなく、メジャーの契約を意味している。彼はメジャーで需要があり、引き続きメジャーでプレーすることになる。複数のチームがその価値を認識している。救援投手として考えられている」。日本球界復帰はなく、メジャー契約を勝ち取る自信をみせた。

野球

×