【ヤクルト】奥川恭伸、2年ぶり1軍復帰で「恩返し」誓った…2年連続ダウン600万円減の2100万円でサイン

スポーツ報知
契約更改に臨んだ奥川

 ヤクルト・奥川恭伸投手(22)が6日、都内の球団事務所で契約更改に臨み、600万円減の2100万円(金額は推定)でサインした。2年連続のダウンとなり、最高3600万から1500万円減となったが、決意新たに、2年ぶりの1軍復帰で“恩返し”を誓った。

 今季は右肘痛から復帰し、順調に調整を続けていたが、7月に左足首を骨折。相次ぐ故障で1軍登板はゼロに終わった。だが、10月に2軍最終戦(鎌ケ谷)で実戦復帰。11月の秋季キャンプでは練習試合に先発し、最速154キロを計測した。「来季へ一つの道筋が見えた」と今オフは、下半身のトレーニングと投球フォームの改善に取り組む予定。「(復帰への)見通しがある程度ついている」とうなずいた。

 目指すのは1軍キャンプと開幕ローテ。色紙に「恩返し」と記した右腕は「来年こそはやらないといけない。支えてくれた人への恩返しの意味でも、来季1軍で活躍する姿を見せたい」と完全復活へ、一歩ずつ歩を進める。(森下 知玲)

野球

×