【ヤクルト】宮本丈が2200万円でサイン 来季から楽天2軍コーチの奥村に「切磋琢磨してきた。一緒に頑張ろう」

スポーツ報知
宮本丈

 ヤクルトの宮本丈内野手が6日、東京・南青山の球団事務所で契約更改交渉に臨み、100万円ダウンの2200万円でサインした(金額は推定)。

 今季は65試合に出場して、打率2割2分2厘、7打点。自己最多となる9犠打を記録し、与えられた役割を全うしたが、「打率とヒット数がよくなかったので、そこの数字を上げていきたい。何がだめだったかを考えて、よくなるようにもがいていきたい」と課題を口にした。

 仲間の引退が来季への思いを強くした。同じ95年生まれでチームメートだった奥村が10月に戦力外となった。「同級生で切磋琢磨(せっさたくま)してきた。元気があって、それに救われた部分もあるので…」と寂しさをにじませたが、奥村は来季から楽天の2軍内野守備走塁コーチを務めることが決まっている。

 村上と3人で慰労会を開いたようで、「(奥村は)新しいステージに立ったので、コーチとしてどうしていったらいいのか、とか話しましたね。僕、コーチじゃないんですけど」と苦笑。それでも今オフは滋賀で練習を共にする予定。立場は異なるが、「一緒に頑張ろうと思います」と切磋琢磨でさらなるレベルアップを誓った。

野球

×