【西武】柘植世那捕手が200万円増の2200万円で更改「負けていられない」

スポーツ報知
来季の日本一を目標に掲げた西武・柘植世那捕手(カメラ・秋本 正己)

 西武・柘植世那捕手が5日、埼玉・所沢市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、200万円増の年俸2200万円(金額は推定)でサインした。

 今季は自身最多となる59試合に出場も、シーズン終盤に右肘を痛めて戦列を離脱。「1年間しっかり、シーズンを通して試合に出られるようにというのはすごい感じました」と振り返った。

 10月に右肘のクリーニング手術を受けた影響から現在はリハビリ中で、ようやくスローイングを開始した。来季は今季100試合出場の古賀、楽天から復帰する炭谷に古市も加わり捕手陣の争いは激しくなる。「負けていられないので。このままでは終わりたくないという気持ちで」と正捕手奪取へ意欲をみせた。

野球

×