【西武】高橋光成、超人ハルク化計画 体重増やして30試合登板、200投球回以上、最速160キロ目指す

スポーツ報知
2億6500万円で契約を更改した西武・高橋光成投手

 西武・高橋光成投手(26)が5日、所沢市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、8500万円増の2億6500万円でサイン。来季は“超人ハルク”化して日本一とメジャー移籍を目指す。

 3年連続の2ケタ勝利となる10勝を挙げ、防御率はリーグ2位の2.21。高橋は「評価してもらいました」と笑みを浮かべた。かねて目標とするポスティングシステムを利用してのメジャー移籍はひとまず封印。「来年1年間が勝負だと思うので、すべての成績でキャリアハイを」。30試合登板、200投球回以上、最速を2キロ増の160キロにするなど目標を設定。それらをクリアすべく、“超人ハルク”化を計画している。

 ここ数年、体を大きくして球速増につなげる目的でウェート・トレーニングに力を入れているが、公称105キロの体重はすでに大きく超えていた。「110キロはいっているので、どこまで体重を増やせるか。ハルクみたいに」。6日には渡米して約3週間のトレーニングを予定。アメコミに登場する筋骨隆々のキャラクターのような体づくりを目指していく。

 「一番はこのチームで優勝したい。そのためには何でもしたいという気持ちです」と誓った“超人エース”が日本一、さらにはメジャー移籍の夢を達成する。

 ◆マーベル 米国でアメリカン・コミック(アメコミ)を出版しており、スパイダーマン、キャプテン・アメリカ、ハルクなど作品は多数。マーベルのファンでもある高橋の長髪はキャラクターの1人、マイティー・ソーをイメージしたもの。

野球

×