「彼は強い子」前節で負傷交代の冨安健洋、チームに帯同か…現地5日ルートン戦 指揮官は起用の可能性残す

スポーツ報知
イングランド1部アーセナルの日本代表DF冨安健洋(ロイター)

 イングランド1部アーセナルのミケル・アルテタ監督が、日本代表DF冨安健洋の現状について説明した。5日、公式サイトが指揮官のコメントを載せている。

 2日の本拠でのリーグ・ウルバーハンプトン(2〇1)戦で、前半6分のFWブカヨ・サカの先制点をアシストした冨安。しかし、2―0の後半34分に左足ふくらはぎをいためて負傷交代していた。

 5日(日本時間6日早朝)に敵地での同ルートン戦を控え、アルテタ監督は「彼を起用するかは、遅めの判断になる。彼は強い子なので…」とコメント。試合前日の時点で、判断は「明日」と話し、チームに帯同している見込みだ。

 また、右サイドバックの定位置を争うイングランド代表DFベン・ホワイトについて、「彼は完璧な体調で、フィットネスは戻っている。何分間かプレーし、今はいい状態になる」と説明。冨安が出場しない場合でも、調子を上げているというホワイトが控えている。

サッカー

×