日大・林真理子理事長 アメフト部の連帯責任は「できるだけなくしたいが…そうすべき時がある」

スポーツ報知
日大アメフト部を巡る違法薬物事件に関し、会見する林真理子理事長(カメラ・頓所美代子)

 日大アメフト部を巡る違法薬物事件に関し、同大学の林真理子理事長らは4日、都内で記者会見。11月の競技スポーツ運営委員会で廃部の方針となった同部について、林理事長は「特別な気持ちはなく、一つの方針で、結論とは捉えてない」との認識を示した。

 アメフト部の存続については「継続審議」となっており、今後理事会などで議論される方針。一部部員の薬物使用による部の存続問題について、林理事長は「連帯責任ということについては、私どもも討議しておりましたが、連帯責任はできるだけなくしたいと思っている」とした。一方で、「チームメートにこれだけ迷惑をかける事で、個人がいたとした時に、非常に難しい問題」と指摘。「うまく言えないが、連帯責任は肯定すべきではないがそうすべき時があるというのが私の考え」と話した。

スポーツ

×