日大・林真理子理事長「日本大学を信頼して欲しい」…記者からは厳しい指摘「今までの対応を見て、信頼するのは難しい」

スポーツ報知
日大アメフト部を巡る違法薬物事件に関し、会見する林真理子理事長(カメラ・頓所美代子)

 日大アメフト部を巡る違法薬物事件に関し、同大学の林真理子理事長らは4日、都内で記者会見。部の存続について「継続審議」となっているアメフト部の当該部員以外の学生や、その他の学生に向けて同理事長が「学生の不利益になることは避けたいと、一生懸命考えている。日大を信頼していただきたい」と語ると、記者からは「今までの(大学の)対応を見て、信頼するのは難しいのでは」と厳しい指摘が飛んだ。

 8月に薬物事件が発覚以降、日大は無期限活動停止中だったアメフト部の処分をすぐに、一時解除。その後新たに4人が任意聴取されるなど問題が拡大すると、再び無期限活動停止にするなど対応が迷走した。11月には沢田副学長が林理事長からパワハラを受けたとして1000万円の損害賠償を求め提訴するなど、アメフト部以外にも問題は波及。一連の不祥事で信頼を損ねる中、減俸50%(6か月)の処分を受ける林理事長は「みなさんが、日大を選んで入って下さったお気持ちを尊重して、日大で充実した学生生活を送れるよう考えていきます」と語った。

スポーツ

×