C大阪、札幌の元日本代表DF田中駿汰に獲得オファー 19年E―1選手権出場

スポーツ報知
札幌・田中駿

 C大阪が、来季の新戦力として札幌の元日本代表DF田中駿汰の獲得に乗り出していることが3日、分かった。複数の関係者によると、C大阪側はすでに正式オファーを提示しているという。

 大阪府出身の田中はG大阪ジュニアユース、大阪・履正社高、大体大を経て札幌に加入。センターバック(CB)とボランチをハイレベルでこなせる特徴を持ち、札幌では3バックの一角として今季リーグ戦全試合にスタメン出場を果たした。大学4年生だった2019年には、東アジアE―1選手権(韓国)に出場する日本代表メンバーにも選出されている。

 C大阪にとってCBとボランチはともに補強ポイント。田中は来季も札幌との契約を残してはいるが、以前からC大阪を含む複数クラブが獲得調査を進めていた。名古屋は現在も関心を示しているといい、札幌は全力で慰留に努める姿勢。争奪戦の行方に注目が集まる。

 ◆田中 駿汰(たなか・しゅんた)1997年5月26日、大阪府生まれ。26歳。G大阪ジュニアユースから履正社高、大体大を経て2020年に札幌に入団。日本代表としては19年12月の東アジアE―1選手権・香港戦で国際Aマッチデビュー。J1通算134試合8得点。183センチ、73キロ。

サッカー

×