森保一監督、元日タイ戦&アジア杯に向けた合宿は28日から「コンディションを元日の試合に持ってきてもらいたい」

スポーツ報知
サッカー日本代表の森保一監督

 サッカー日本代表の森保一監督が3日に行われたJ1鹿島―横浜FC戦(カシマ)を視察後に取材に応じ、来年元日の国際親善試合・タイ戦(国立)に向けた国内合宿を28日から開始すると明かした。

 森保監督は「普段の代表ウィークと同じような感じだと思います」と説明。「欧州組で招集できる選手たちもまだ確定していないところがある」とした上で「ウィンターブレイクで招集できる人たちと、Jリーグ組はいったんここからオフを挟んで。天皇杯をやる人はいると思いますけれど、オフを挟んで少し休んでもらい、そこから28日のトレーニングスタートに招集できる選手たちは、コンディションを元日の試合に持ってきてもらいたい。チームとして備えていきたいと思います」と話した。

 またこの日で今季のJリーグ公式戦は全て終了した。「Jリーグをはじめ、日本のサッカーは間違いなく発展していることは言えるし、今年のJリーグも間違いなくレベルアップにつながったシーズンだったと思います」と振り返っていた。

サッカー

×