【DeNA】松坂大輔氏がリリーフ登板 ドラフト1位・度会隆輝を左飛に抑える

スポーツ報知
試合前の柳沢慎吾(右)のセレモニアルピッチで代わりに投球する松坂大輔氏(カメラ・関口 俊明)

 横浜スタジアム45周年記念イベント「YOKOHAMA STADIUM 45th DREAM MATCH」が3日、横浜スタジアムで開催され、ベイスターズの歴代スターが集まったオールスターチーム「BAY DREAM STARS」と、横浜高や東海大相模など神奈川県内の高校出身のレジェンドが集結する「Y45 LEGEND HEROES」によるドリームマッチが行われた。

 最終回の5回、5点リードの「Y45 LEGEND HEROES」は松坂大輔氏がマウンドへ。すると、「Y45―」でスタメン出場していたドラフト1位の度会隆輝外野手が、ベイスターズのユニホームに身を包み代打で登場した。

 カウント1―1からの3球目、118キロで度会を左飛に仕留めると、松坂は笑顔で降板。わずか1人、たった3球のマウンドだったが、集まったファンを喜ばせていた。

野球

×