【楽天】三木谷浩史オーナーが安楽智大のハラスメント問題に言及「皆様にお詫び申し上げます」

スポーツ報知
楽天グループの三木谷浩史会長

 楽天グループの三木谷浩史会長(58)が3日、自身のX(旧Twitter)を更新し、後輩選手へのハラスメント行為が認定され、自由契約となった安楽智大投手(27)について言及した。

 三木谷氏は「安樂選手の一件に関しては、森井社長から事態の報告を受け、しっかりと全スタッフ、全選手にヒアリングをするように依頼をし、その結果保留者名簿には入れない決断をさせて頂きました」と説明。続けて「ロッカールームや選手間でのやり取り等に関して、球団として油断があり、被害にあった関係者、選手、ファンの皆様にお詫び申し上げます」と謝罪した。

 また、「今後は、このような事態を招かないよう、仕組み作りとハラスメントに対する教育を強化するとともに、よりオープンなコミュニケーションができる雰囲気作りに取り組みたいと思います」と再発防止に努めるとつづった。

 安楽については、森井誠之球団社長(49)が30日、記者会見を開き説明。137名に行ったアンケート調査の結果によると、実際の被害者は約10名、見たり聞いたりしたと回答した関係者は40名いたと明かした。安楽はZOZOマリンのロッカールームで若手選手を逆立ちさせて下着をずらし下半身に靴下をかぶせた行為に加え、食事を断った選手への深夜の電話や、失敗ごとに関して「罰金」名目の金銭の要求や暴言、身体的接触があったことが認められ、自由契約となった。

野球

×