【西武】隅田知一郎が倍増の4000万円で契約更改「たくさん三振を取ってタイトル争いをしたい」

スポーツ報知
2000万円増の4000万円で契約を更改した西武・隅田知一郎(カメラ・秋本 正己)

 西武・隅田知一郎投手が2日、埼玉・所沢市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、2000万円増の4000万円(金額は推定)でサインした。

 白星を新人だった昨季の1勝から9勝に積み上げた左腕は「昨年から我慢して使ってくださった辻(前)監督、松井監督に感謝する1年になりました。来年からは数字でしっかり勝利に貢献して信頼してもらえるように頑張りたいです」と気持ちを引き締めた。

 交渉の席上では「球団とは言わずに球界のエースを目指してほしい」と言葉をかけられたという。その期待に応えるべく、目標に掲げたのは奪三振数の増加。「たくさん三振を取ってタイトル争いをしたい。しっかりイニングも投げることも投げる上で目標になってきます」と150イニング~160イニングを投げて180奪三振を目指す。

 来年1月にはソフトバンク・和田に志願して自主トレを行う。「投げるための強い体って何なのか気づきたいですし、いろいろな話を聞きたい」と42歳の大ベテラン左腕のノウハウを吸収する考え。昨年同様、鴻江スポーツアカデミーの合宿にも参加する予定で1年間戦う体づくりに取り組む。

 来季からは選手会の会計に就任。昨年の入寮時、財布を忘れて担当スカウトから1万円を借りたことを引き合いに出し「財布は忘れているので、選手会のお金はしっかりと管理します」と笑った隅田。白星も三振もしっかりと管理して2ケタ勝利を目指していく。

野球

×